So-net無料ブログ作成
検索選択

ある日の主婦の独り言。  [戯れ言]

また主婦の話で恐縮ですがほんとうのことです。ある素人文芸イベントを任されその重圧に耐えている女性の話(北海道)

 

 IMG_0478.PNG

ああああ、時間が無い、じかんがない。

なんであたしだけ、いそがしんだろ。あれもこれもライブあしただってのに

だれも信用できない。あれほどいったのにお酒は菊正宗だって、、

わすれてた。ウーロン茶どーしだんだろ。お酒ばかりじゃねえ、子供に

お酒飲ませんわけいかないじゃない。、また学校で問題なっちゃうわ。

そんなことも解からないのかしらあの人たち。本当にもう。

また酒屋さんに頼みにいかなくちゃならないんだから。

あれ?やだー○○先生の出番が入ってないじゃない。

ま、いいか。口で言えば良いんだもんね。口があるんだから。

なんのためのライブ。声に出して読むのが主。文は従。

そういう本質的なことだからね。大丈夫。どーんどいこう。

ああ、また心配になってきた。受付大丈夫かな。大切なお客様に

失礼にあたることないかしら。あの人たちわたしに見たいに大きな

組織の中で鍛えられてないから心配だわ。本当に。芳名帳だって

なんで二冊いるのかしらね。経費がないのに。無駄よ。経済感覚無いのかしら。

ほんとに余計なことばかり言ってやってくれるからあたしがこんなに忙しいんだ。

全く、東京から来てくれるだからね。恥じはかきたくないもんね。

いけない!ピーマンの袋詰めだれがやるの?あたし一人じゃなできないわ。

わあ、大根買うの忘れた!たいへんだ、たいへんだ。

会場とか印刷はあちらにまかせましょう。

印刷といえば紙どうしたんだろ。せっかっくだからあの紙つかわなきゃ。

まったくまかせっぱなしにしておくとトイレットペーパでも使いかねないんだからね。

それをいうとサイズがどうのこうの言うけどサイズなんてどうでもいいじゃない。

問題は中味よ質よ。いくらライブが成功しても後に残るものが大切。

紙が良ければすべて良し。

とにかく一番大切なのは自分だもんね。あたしが企画したんだから。

あたしの出番を印象付けしなくては。でも恥ずかしいなあ。舞台にあがるなんて

小学校の学芸会依頼だし。ちょっと不安。

でも大丈夫。今度は学芸会ではなくて、ちゃんとした高尚な文化イベントだもんね。

TKDさんが言ってたもんね。僕にまかせなさい、北海道の文壇、歌壇、俳壇を

あっといわせてやるって。そうならあたしも顔がたつ。主人もわかってくれる。

なんせ、下請けの人たちに声かけて資金集めしてくれたもんね。

成功に導かなくちゃ。専務の家内として名がすたる。

それにしてもあの人たち、口で言っても解からないのかしらね。

頭悪いんじゃないかしらね。

あ、筆ペンがない。しかたない。Y子さんに用意させよう。それくらいできるでしょう。

子供じゃないんだから。

いけない。たまねぎも用意しなきゃ。ピーマン袋も手配しなきゃ。

ああ、あたしは世界中で一番忙しい女。みんなわかってえ~

 

IMG_0478.PNG


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あたし鈴木保奈美に似てない? [戯れ言]

ちょい古い話だが、ある日テレビを観てたら女優の鈴木保奈美が出ていた。
そういえば数年前大河ドラマに10年ぶりで出演していたのを思い出した。
実は大河ドラマに復帰した際にある女友だちからある相談を持ちかけられた。
あまりにもバカバカしい相談だったので良く覚えていてそのメールを捜したら見つかった。読み返せば読み返すほどおかしいので、人生相談風にしてここに紹介する。もし本人がこれを読んで不快を感じたら遠慮なく言ってください(笑)
-----------------------------------------------------

私は40代前半の主婦です。

夫と中学生年子の女の子と男の子の4人暮らしです。

最近、屈辱的なことばかりでノイローゼ気味になりご相談したくメールいたしました。

年初NHK大河ドラマに久しぶりに女優の鈴木保奈美が出演していました。
すごく懐かしく思い全部見てしまいました。というのは私も若いころは鈴木保奈美そっくりだと言われていたのです。
私もまんざらではなく、彼女を陰で応援をしていました。
結婚する際も鈴木保奈美に似ている美人ということで夫も回りに自慢していたのです。私もずっとそのつもりで彼女が表に出なくなってからもたまに似ていると言われてきました。

ところが、大河ドラマに彼女が出演していても家族が何にも言わないのでいらいらして私が息子、娘に「ちょっと、この人誰かに似てない?」って訊いたらみんな「さあ、誰?」と全然気づかないのです。
子供たちは気づかないのは仕方がないと思い。大人気ないのでそれ以上突っ込みませんでした。

夫に夜「鈴木保奈美ってまだきれいよね。」と言ったら「誰だっけ?」というではありませんか。
結婚前はあれほど騒いでいたくせに、どこ吹く風です。

私は、情けなくなり夫や子供たちに尽くしてきた過去を思うと悔やんでも悔やみきれなく夜眠れなくなってしまいました。

おまけに、隣の奥さん(同い年くらい)に「大河ドラマで鈴木保奈美が復帰したね。私はこれでも若いころ似ているって言われたのよ。」と言ったら
「似てないわよぅ」と一蹴されてしまいました。私は二の句が告げませんでした。

それ以来、何もやる気がおきず家事もいい加減になり、料理などはほとんどがレトルトパックもの。家族は人の気も知らないで「最近、おかしい」と言っています。

一体誰がそうした?と包丁で家族みな殺しにして、隣の家には火をつけ私も死のう、なんてことを思うようになりました。しかしまさかそんなことも出来ず悶々と毎日を過ごしています。
一体私はどうしたらいいのでしょう?
-------------------------------------------

この人、その後どうしたかな?
僕の返答はどう書いたか忘れてしまった。メールも見つからない。
鈴木保奈美で悩む以前から精神を病んでいたのでは?

f:id:drive58:20140117092819j:plain

大河ドラマで復帰した
f:id:drive58:20140117092940j:plain

nice!(18)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

島原の乱 [戯れ言]

彼女「長崎は熊本の地震で行けなくなったゃったね 」

彼「長崎なら大丈夫じゃない? 」

彼女「ホントは長崎も熊本もどこにあるかわからない〜 」

彼「九州だよ。なんで長崎行きたいんだよ 」

彼女「 チャンポンと皿うどんとかカステラも食べたいしぃ 」

彼「食いモンばかりだな 」

彼女「ちがうもん。島原の乱だって見たいもん 」

彼「もうやってね〜よ! 」

f:id:drive58:20160529043438j:image


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

うなぎと梅酒 [家族]


IMG_0100.JPG

 

私の祖母は明治35年生まれでしたが、私が中学校3年の夏に好物のうな重を食べた後にうっかり梅酒を飲み、悶え苦しんで亡くなりました。

うなぎと梅干しを一緒に食べると良くないと云われていましたが、科学的には根拠も無いはずです。

うっかり梅酒を飲んだというのは、昔からうなぎと梅干しは食べ合わせが悪いと云われていたことを忘れていたのです。普段からl食前に健康のためと言って梅酒をさかずきに一杯飲んでいたのですが、その日はうなぎだからと飲むのを控えていたのです。

ところが、うなぎを食べた後、今度は梅酒を飲むのを忘れたと思い、冷蔵庫から梅酒を取り出したのです。おそらく物忘れがひどく、梅酒を飲むのを忘れていたことを思い出した途端に今度はうなぎを食べたことを忘れたのです。

それを見ていたいかず後家で祖母のめんどうを見ていた伯母が、「お母様、うなぎに梅酒はまずいでしょう 」とたしなめた瞬間に祖母は苦しみ出し血を吐いて病院にかつぎこまれましたが、そのまま亡くなりました。

祖母は可哀想なことに迷信を信じこみ強迫観念に駆られてしまったのだと思います。。

祖母は若い頃、田舎町で芸者をやっていたのですが、当時実業家であった祖父に見初められました。そして周囲の反対を押し切って結婚したのです。

つまり私は芸者の孫という出生の秘密があるのです。


 


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

みどりちゃんの話 [創作]



IMG_0093.PNG
根津神社
[コピーライト] bluemorpho3d /Hideko Augustineさんの作品です


みどりちゃんの話


マクドナルドで、女子高生たちの会話を書き直した話を元に再構成しました。

クラスメイトのみどりちゃんは、とても太っていますが、可愛らしい太り方で笑顔が素敵な子でした。しかし、彼女には、癖というか変わった性質がありました。良くあることかも知れませんが、自分の好むものには何も惜しまないのです。

私の高校は、駅から学校まで、赤バス、青バス、黄バスという3台の通学バスがあります。私は自転車で通っておりましたので利用しませんでしたが、みどりちゃんは毎日行き帰りとも青バスに乗っていました。生徒はどれに乗ってもいいのですが、みどりちゃんは青バスにしか乗りませんでした。

ところが、ある日学校でみどりちゃんがひとりさみしくうつむいて「 みんなはいいなぁ、青バスに乗れるんだもん 」とぽつんと言いました。

みどりちゃんは青バスのイケメンの運転手さんが大好きでバスに乗るたびに運転中でも話しかけたり終いには抱きついたりしていたので、運転手さんだけでなく、乗客の生徒たちも怖がり、安全上も問題になっていたそうです。
それで我慢できなくなった青バスの運転手さんがリーダーの赤バスの運転手さんに泣きつき、赤バスの運転手さんがみどりちゃんに頼むから青バスに乗らないでくれと言ったそうです。そしてみどりちゃんはしばらくは大人しく他のバスに乗っていました。
とこがろが一ヶ月もするとみどりちゃ pんはまた青バスに乗るようになりました。どうも運転手さんが変わったようです。みどりちゃんに運転手さん変わったの?と聞いたら、みどりちゃんが答えるに「あの運転手さん死んじゃった 」と泣きそうに言いました。

バスで通っている事情通が言うには、みどりちゃんは禁止されたあと青バスにこそ乗らなかったけれど、イケメンの運転手のうちを突き止めました。それで毎晩彼のアパートにケーキや料理を持って訪ねていたそうです。
彼はみどりちゃんを部屋に入れませんでしたがある日彼の本当の恋人と鉢合わせしてしまいました。。
後はよくある成り行きで恋人は去り、彼は鉄道自殺したそうです。
本当かどうかわかりませんが、みどりちゃんは彼の恋人に、自分と結婚する約束したと言ったそうです。

後任の青バスの運転手は前任者よりイケメン。またみどりちゃんは張り切って青バスで通学しているそうです。







nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シン・ゴジラ今さら感想 [映画]

商業主義的に載せる仕掛けがあまりにも巧妙過ぎて鼻につく、ということです。
作品の内容ではなく、作品を作る姿勢のことです。単に商業戦略が悪いとは思いません。当たり前のことです。
しかしながら
庵野秀明さんは完成発表記者会見でエヴァファンに、先にゴジラが出来てゴメンなさい、と謝ったそうですが、良く捉えれば正直とも言えますが、スゴイ商業戦略とも言えます。新しいエヴァファンを拡大する布石になります。
しかし彼は自分で作り上げたエヴァを捨てて、既存のモチーフを組む立て直したオリジナリティは希薄な作品を作り上げました。しかも監督ではなく、総指揮総監督?樋口真嗣は上手く利用されたのかタナボタなのかはわかりませんが、それ以上に意味があるのかさっぱりわかりません。庵野秀明監督、樋口真嗣特技監督で良いではないか?あの作品を樋口真嗣作品と言うのは稀ですね。ぼくは可哀想と思います。
エヴァの世界観を重ね合わせて、シン・ゴジラはエヴァのセカンドインパクト以前の東京の姿だという説もある。それはそうでもそうでなくとも、ぼくに取ってどうでも良い。観る人によって様々に捉えられる映画だとも言うが、そもそも映画にしても小説にしても、自分しか持ってないものと共鳴していると錯覚し、しかもそれが作品に触れる万人にそう思わせるのが、秀作なんです。例えば、誰に対しても自分のことを好きなんだ、一番惚れてるんだと思わせる女は大変な人気者です。
そういう意味では、シン・ゴジラは大変な秀作です。
細かいこと言うと、やたらと長い肩書きがついた氏名や会議名を字幕で流すのも大した戦術です。もう一回良く観てみようと思った人はたくさんいるでしょう。

斜に構えた言い方ですが、これが秀作だと思うけど素晴らしい作品ではない、と述べた理由です。
みなさんの感想や思いを否定するものでは毛頭ありませんm(__)m

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インターネットWebは変わるか [インターネットWeb]

DeNAのキュレーションサイト閉鎖は、20年以上続いたインターネット文化のあらゆる膿を出すきっかけになるかも知れない。
黎明期Webは貧乏人のメディアと言われて来た。しかし、ブロードバンド定額制が普及しWeb技術が猛烈な勢いで発達してきた。
これはユーザーにとってのライフスタイルの変質につながりあらゆるコミュニケーション手段が変貌した。それに加え12年ほど前のWeb2.0に代表される技術革新と大資本によるユーザーのディスクロージャーで最早Webの大部分は貧乏人のメディアとは言い難くなった。
ユーザーはパソコンからスマホに移り、大資本によるWebサービスが主流になり、これ無しではにっちもさっちも行かなくなる。
つまり、web系の大資本に大衆は翻弄されるようになったのである。
冒頭に述べたwebのあらゆる膿の1つに、いわゆる「意識高い系経営者の万延」だ。意識高い系イコール勘違い系とわたしは解釈する。
今回のDeNAの事件は村田マリとやらのベンチャー成金の意識高い系の女が舞い上がって調子の度を超したのである。
学生時代からイベントに手を出しIT企業に就職してベンチャー企業で成功し、その事業をDeNAに買い上げられ自らは役員になりキュレーション事業の責任者となった。
大上段に構えて言い過ぎた。
簡単に言えば、オツムも良く行動力もあり、見映えも良い姉ちゃんが時流に乗った短期間の成功と周りのチヤホヤで自分を見失い、調子に乗ってやり過ぎたのである。そこまでは昔からどこにでもあることだけれど、今回の舞台が単なるベンチャーから一部上場企業に移り、扱う金も桁違いだから、「やり過ぎたちゃった〜」では済まなくなったわけだ。
DENAの経営陣南場さんたちにも非があるとしたらこの程度の人材を見抜けなかったことにあると思う。
村田マリさんか、、何が一番いけないかというと、売名、効率、利益に走り事の本質を見失い記事を故意にコピペしたことでだけではなく、一途に自分の作るものへの愛情、こだわり、作る仲間への配慮が無かったことだろう。本人はどう思っているか解らないが私にはそう思える。
これから、一気にIT系特にwebを中心とする企業の淘汰が始まりそうだ。

<IMG_5919.PNG

共通テーマ:映画